膝関節について

スポンサーリンク
膝関節について

膝の痛み(膝の内側の痛み)と閉鎖神経の関連性について

閉鎖神経の絞扼は股関節部や膝内側部に放散痛を引き起こします。膝関節周囲に痛みの原因がないと判断される場合は、神経系へのアプローチが有効な事があります。膝内側部の痛みに関連する神経としては伏在神経と閉鎖神経が挙げられます。この両神経の鑑別をして明確にアプローチが出来ると膝の痛みの緩和に繋がる可能性が出てきます。
膝関節について

膝関節のQ-angle(Q角)について

Q-angle(Q角)は、「大腿四頭筋の作用線と膝蓋腱の方向の二線からなる角で、膝関節のアライメント異常の指標となる」と定義されています。Q-angle(Q角)が大きいほど膝蓋腱の張力との合力により、膝蓋骨は外側に引かれることになります。前述しましたが、Q-angle(Q角)は大腿四頭筋の作用線と膝蓋腱の方向の二線からなる角で、膝関節のアライメント異常の指標となります。Q-angle(Q角)の異常は膝伸展力の発揮を阻害すると考えられています。
膝関節について

膝屈曲時の膝裏の痛み(膝窩部痛)の原因とそのチェック方法について

今回は、膝窩部痛の原因について考えていきました。一見、膝窩筋などの筋組織の問題を一番に考えることもあると思いますが、今回紹介したような「関節水腫」の問題も比較的多く認められます。変形性膝関節症では、関節の問題から関節水腫が多くなり、今回紹介したような関節水腫の問題により膝窩部(膝裏)に痛みを生じることが多くなることが予想されます。またTKA術後でも血種などの問題により関節内の液は多くなります。そのため、関節内圧が上昇し膝窩部の痛みに繋がることが十分に考えられます。
スポンサーリンク
膝関節について

しゃがみ込み時の膝の可動域制限について~膝関節屈曲と半月板後方移動量の関係性~

半月板の移動は大腿骨顆部の動きに従うとされていますが、実際にはしゃがみ込み動作など膝関節の深屈曲域における大腿骨顆部移動量と半月板動態の関連性についての報告は少ないのが現状です。臨床の場面でも、膝の痛みによりしゃがみ込み動作など「深く膝を曲げれない」症状を抱える症例に遭遇する機会は比較的多いものと思われます。この研究ではそういった”臨床上の悩み”を解決するヒントを得られるものであると思います。
膝関節について

半月板損傷への半月板切除術は不要~切除術と理学療法の比較~

この半月板ですが、若年者ではスポーツが主因として、高齢者では退行変性の一部として半月板損傷を来します。そして、その半月板損傷に対し、切除術もしくは縫合術を選択し施行することが臨床にいるとよく遭遇するケースになります。今回はこの半月板切除術の可否について研究した内容について触れていき、理学療法の立ち位置について考えていきたいと思います。
膝関節について

半月板損傷により起こり得る徴候と検査方法について

今回は半月板損傷のより起こり得る徴候から評価方法についてまとめていきました。半月板損傷と聞くと、まず膝のロッキングを思い浮かべます。「膝が伸びにくくないですか?」とか「膝を伸ばすときに引っかかる感じがしませんか?」など問診で確認を行っていきます。
膝関節について

元々不安定な膝関節を安定させるために必要な支持機構について

今回は、「膝関節」の安定化に関与した内容をまとめていきます。膝関節は、股関節と足関節の中間の関節として存在し、両者からの影響を受けやすい関節も言えます。また、関節の構造自体、安定性よりも可動性に特化した構造になっており安定性は周囲の組織に頼ったものになっています。今回は、その膝関節の安定性に関与する組織について紹介していきたいと思います。
膝関節について

高齢者の半月板損傷の特徴~変形性膝関節症との関連は?~

半月板は膝の関節の間で内外側にそれぞれ存在し、ショックアブソーバーをして機能します。そんな半月板ですが、多くの組織と同様に退行変性を起こします。つまり加齢と共に半月板に関連する疾患は増加するということです。また、変形性膝関節症との関連も指摘されており、半月板の損傷が変形性膝関節症の進行を早める可能性があるということです。
膝関節について

膝蓋下脂肪体と膝の疼痛について

今回は、膝関節の前面に存在する「膝蓋下脂肪体(infrapatella fat pad:IFP)」について記事にしていきます。膝蓋下脂肪体って意外と痛みを感じやすい組織であり、膝の痛みの原因になり得る組織となっています。今回はそんな膝蓋下脂肪体の解剖からその働きまでをまとめていきたいと思います。
膝関節について

伏在神経由来の膝内側痛に対するリハビリについて

伏在神経の問題が膝内側部の痛みを引き起こす可能性があることを理解できても、実際に何をどうすればいいのか?といった悩みが起こります。今回は実際に伏在神経の絞扼症状に対する治療アプローチを紹介していきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました