変形性膝関節症(膝OA)の理学療法について

スポンサーリンク
変形性膝関節症(膝OA)の理学療法について

膝OA(変形性膝関節症)に対するSLR運動(下肢伸展挙上)は有効か?

膝OAは、膝の変形に伴う疼痛が主因で各種ADL障害を来す疾患ですが、重症度に伴って手術適応か保存療法でいくかの判断がなされます。リハビリ場面でよく見かけるトレーニングとして、今回のメインとなる”SLR運動”が紹介されています。変形性膝関節症=SLR運動 「膝の患者さんが来たらとりあえずSLR運動を指導しよう」このように=で結び付けているセラピストもいるのではないでしょうか?今回は、このSLR運動が本当に膝OA(変形性膝関節症)患者さんに有効なのかを考えていきたいと思います。
変形性膝関節症(膝OA)の理学療法について

変形性膝関節症(膝OA)に対し股関節周囲筋のトレーニングは必要か?

変形性膝関節症(膝OA)のリハビリとして、大腿四頭筋のトレーニングは多くの文献またはガイドラインでも推奨されています。また内反変形した膝OAに対しては股関節の外転筋力の強化も良く見かけると思います。では、本当に大腿四頭筋や外転筋だけでいいのでしょうか?今回はそういった視点で、変形性膝関節症患者の股関節周囲筋力の関連性について考えていきます。
変形性膝関節症(膝OA)の理学療法について

膝の安定化を目的としたトレーニングにSLR運動は不要である理由

SLRトレーニングは、一昔前までは膝の伸展筋のトレーニングの効果的であり、完全伸展を促すために必要なトレーニングとして指導されてきました。 しかし、近年ではそれが覆され膝完全伸展の制限因子の最もな原因が変わってきています。
変形性膝関節症(膝OA)の理学療法について

変形性膝関節症に対して大腿四頭筋の筋力トレーニングはなぜ有効なのか?

今回は、変形性膝関節症の理学療法について記事にしていきます。 変形性膝関節症に対して、多くの場合大腿四頭筋の筋力トレーニングを行っているのは実情であると思います。 今回はその変形性膝関節症に対して行う大腿四頭筋の筋力トレーニングはなぜ有効なのか?について考えていきたいと思います。
変形性膝関節症(膝OA)の理学療法について

膝OAに対するリハビリについて~膝OAの病態から考える治療戦略~

今回は、膝OAに対するリハビリについてまとめています。膝OAにも典型的な姿勢パターンや運動パターンが存在します。それを理解して治療に活かしていくことで痛みや動きの改善に繋がってきます。ガイドラインなんかで示されているトレーニングや指導だけを行うのではなく、膝OAという病態を理解してリハビリが行えるとより効果的にリハビリが進むものと思われます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました