変形性膝関節症(膝OA)について

スポンサーリンク
変形性膝関節症(膝OA)について

下行性疼痛抑制系とはなんのこと?~下行性疼痛抑制系と中枢性感作の関係性について~

下行性疼痛抑制系は、疼痛をコントロールする上で非常に重要な役割を果たしています。この下行性疼痛抑制系の機能が破綻することで、疼痛の増悪を招き、本来感じない痛みも感じるようになります。こうなると、痛みの改善は容易ではなくなり、慢性疼痛へと移行する可能性が高くなります。そうならないためにも、下行性疼痛抑制系の改善に関与する薬剤としてサインバルタ(SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬))が存在します。
変形性膝関節症(膝OA)について

膝OAやTKA術後に生じる中枢性感作に対してサインバルタは有効である~薬への視点も一つの選択肢となる~

今回は、中枢性感作の問題から、感作の改善に有効とされているサインバルタについてまとめていきました。サインバルタは、中枢神経系のセロトニン、ノルアドレナリン再取り込みを阻害し、下行性抑制系を賦活することによって鎮痛効果を発揮しているとされています。故に中枢性感作に対して効果的であるといわれています。
変形性膝関節症(膝OA)について

変形性膝関節症やTKA術後の長引く痛みに関して中枢性感作の問題が指摘されはじめている

今回は、中枢性感作についてまとめていきました。以前は中枢性感作に関しては線維筋痛症患者に対するものである認識が強かったですが、近年では変形性関節症や腰痛症患者にも散見されるとの報告が挙がっています。それだけ中枢性感作についての関心は高まってきているといっても過言ではありません。これまでに行ってきた機能改善に重きを置いた理学療法から、心理・社会的要因までも含めた包括的な理学療法が期待されているが故の流れ(時代の流れ)であると思います。
変形性膝関節症(膝OA)について

変形性膝関節症の内反ストレスに対し、腓骨を挙上させることは効果的である可能性がある

今回は、変形性膝関節症による内反ストレスと腓骨の関係性について文献を交えてまとめていきました。●腓骨の位置関係のより、膝の変形度合いに影響をきたす可能性がある●腓骨の挙上を誘導できれば、膝関節を内側方向へ誘導できる可能性があり、膝の内反ストレスの軽減につながる可能性があるこのように、変形性膝関節症の内反ストレスには、腓骨のコントロールが重要になる可能性が示唆されています。
変形性膝関節症(膝OA)について

膝oaの膝伸展制限に大きな影響を及ぼすスクリューホームムーブメントについて

膝関節は屈伸運動中に関節内では若干の回旋運動が生じています。この回旋運動のことをスクリューホームムーブメントといい、膝関節を完全に伸ばし切るためには必要な機能と言われています。このSHMが破綻することで、膝の伸展制限が生じるようになり、膝oaの場合でもSHMの破綻による膝の伸展制限が問題として挙げられるケースが多いです。
変形性膝関節症(膝OA)について

内側型の膝OA患者の典型的な姿勢アライメントとは?~運動連鎖と文献の擦り合わせ~

今回は、変形性膝関節症(膝OA)の姿勢アライメントについて考えていきます。膝OAは退行変性疾患の一つであり、年齢と共に発症するものであります。このような膝の変形が起こっている場合、全身でみるとある特定の姿勢アライメントを取ることがわかってきます。今回は、この膝OAに伴う姿勢の変化について、文献を交えながら理解を深めていきたいと思います。
変形性膝関節症(膝OA)について

変形性膝関節(膝OA)ってどんな病気?~膝OAの病態から一般的な治療法について~

今回は変形性膝関節症(膝OA)の病態について記事にしていきました。高齢社会が進む日本にとって、退行変性である変形性膝関節症はこれからも増え続けることが予想されます。そのため、「予防への意識」が非常に大事になり、症状が出てから考えるのではなく、「変形性膝関節症で膝が痛くならないためにどうするか?」を考えていく必要があります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました