メディアルピボットモーション

スポンサーリンク
TKA術後の理学療法について

TKA術後の膝屈曲ROMの改善に対するアプローチについて~ROM訓練編~

今回はTKA術後のROM改善方法についてです。アプローチについては、様々な方法があり、突き詰めていくと最終的にはしっかり評価を行って必要なアプローチだけを行うことが望ましいです。今回は原因の方はひとまず置いといて、純粋なTKA術後の屈曲ROM制限についてのアプローチ方法をまとめていきたいと思います。今回は、屈曲ROM制限に対する直接的なROM訓練について紹介していきます。
膝関節について

しゃがみ込み時の膝の可動域制限について~膝関節屈曲と半月板後方移動量の関係性~

半月板の移動は大腿骨顆部の動きに従うとされていますが、実際にはしゃがみ込み動作など膝関節の深屈曲域における大腿骨顆部移動量と半月板動態の関連性についての報告は少ないのが現状です。臨床の場面でも、膝の痛みによりしゃがみ込み動作など「深く膝を曲げれない」症状を抱える症例に遭遇する機会は比較的多いものと思われます。この研究ではそういった”臨床上の悩み”を解決するヒントを得られるものであると思います。
TKAについて

CR型のTKAについて

CR型は、後十字靭帯(PCL)を温存する手術法であり、TKA術後でも、正常膝の関節運動に類似した動きを再現することにフォーカスしてデザインされています。このCR型のTKAの場合、「後十字靭帯(PCL)が温存されている」ということがキーワードになります。 以下にCR型のTKAについて少し掘り下げてまとめていきたいと思います。
TKAについて

Medial pivot motionを取り入れた人工膝関節の方が術後の満足度が高い

今回はMedial pivot motionが人工膝関節にどのように好影響を及ぼしているかに焦点を当ててまとめていきました。近年ではほとんどがこのMedial pivot motionを再現するデザインが人工膝関節に採用されており、それに伴って、術後のリハビリも膝関節を1軸の動きではなくもっと3Dで捉えていくことが重要になっていることがわかりました。この辺が知識として頭に入ってくると、TKA術後のリハビリの捉え方も大きく変わってきそうですね。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました